ホーム / 損害調査のご依頼

損害調査のご依頼

CONCEPT

第三者機関として適正な損害調査を行います。

営利企業である保険会社が、支払いを少しでも減らそうとする行為は、正しい社会活動です。
しかしそれは、ときに被害者が正当な損害賠償を受けるという権利を侵害することがあります。
私たちは、被害者の権利を守るために、適切な損害調査をおこないます。




当協会のサービスを利用してみませんか?

WORKS

私たちが、保険金請求に必要な立証資料を作成いたします。

  • 損害調査報告書の作成

    損害車両を事故直前の状態にするのに要す費用を調査いたします。
    1時間あたりの工賃は、毎年行われる市場調査に基づいて算出しています。
    神戸にある損害調査センターでは、3次元計測器を備え、0.5mm単位でのフレームの歪みを計測・立証することが可能です。
    出張や画像で報告書を作成することも可能です。

  • 時価額調査報告書の作成

    保険会社はレッドブックと言われる時価額に関する資料を元に金額提示しますが、多く場合、その金額では同等の車を購入することは不可能です。
    さらに、登録から10年以上経過した車については、新車価格の10%という根拠がないに等しい金額提示を行うことがあります。
    私たちが、実勢市場価格に基づく、購入諸費用も含んだ適正価格を調査いたします。

  • 評価損調査報告書

    保険会社から評価損請求に関する案内があることは皆無に等しいです。
    さらに、事故車を修理しないと評価損は現実化しないと説明する担当者もいますが、不法行為(事故)があった時点での損害を賠償するという損害賠償の基本原則からすれば、それは間違った説明だと言わざるを得ません。
    私たちは、修理するしないに関わらず、被害者が被った財産的価値の減額を調査いたします。

入力90秒!今すぐ無料でお問い合わせできます。

PRICE・PAYMENT

料金のご案内

@修理費損害調査費用

33,000円~(税込)

※修理費(税別)が100万円を超える場合は、修理費の3%(税別)が調査金額になります。

A時価額調査費用

13,200円(税込)



B評価損調査費用

13,200円(税込)

REASON

高いクオリティの損害調査ができる3つの理由

  • SPANESI製3D診断機導入

    3D診断機を使用し、目視では判断不可能な0.5mm単位でフレームゆがみ等の損害立証を可能にします。

  • 顧問弁護士が協定をバックアップ

    顧問弁護士と連携し、法律に則した資料を作成することにより、保険会社への説得力のある提案を可能にします。

  • 消費者の権利を守るという理念

    私たちはこの理念のもと、立ち上がりました。
    決して折れることなく、粘り強く交渉していきます。

FORM